最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫)

  • 88 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 渡辺順子 .

    Download ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  河合香織
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち
    • 発売日:  2018年10月19日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4325566530001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    入手困難な日本ワインの知られざる誕生秘話。


    日本のワイン造りは、世界の常識からかけ離れていた。

    ワイン用ぶどうではなく生食用ぶどうを使い、また、海外からワインやぶどう果汁を輸入して造ることも多かった。

    そのような状況に異を唱えた人物がいる。

    「海外の銘醸地にコンプレックスを感じながら日本でワインを造る時代は終わった。君たちは本気で海外に負けないワインを造りなさい」 

    日本のワイン造りを主導した醸造家・麻井宇介(うすけ)の教えを受けた岡本英史、城戸亜紀人、曽我彰彦の3人は、師の遺志を受け継ぎ「ウスケボーイズ」と自らを名乗る。

    そして、それぞれが日本では絶対に無理と言われたワイン用ぶどうの栽培から醸造までを一貫して手がけるワイン造りにすべての情熱を傾けるようになる。


    日本で“本当のワイン造り”に打ち込んだ青年達の出会いから、ワイン造りを目指し、葛藤しながら成功していくまでの物語。


    小学館ノンフィクション大賞受賞作、待望の文庫化!

    解説は翻訳家の鴻巣友季子氏。

    本作を原作とする映画『ウスケボーイズ』が2018年10月20日公開。渡辺大、橋爪功、安達祐実ら豪華キャストが出演。


    ※この作品は過去に単行本として配信されていた作品の文庫版となります。

あなたも好きかもしれません

ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫) by 渡辺順子 ダウンロード PDF EPUB F2