最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)

  • 67 読みたい
  • 22 現在読んでいるもの

発行元 ゲイル・ウィルソン .

    Download 公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル) 本 Epub や Pdf 無料, 公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル), オンラインで書籍をダウンロードする 公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル) 無料で, 本の無料読書 公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ララ・テンプル
    • 訳者:  高橋美友紀
    • レーベル:  ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
    • シリーズ名:  ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
    • 発売日:  2020年04月23日
    • 出版社:  ハーパーコリンズ・ジャパン
    • 商品番号:  4884596100430
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    “非常手段でいっきに解決”ーーそれが公爵からのプロポーズだった。


    「デューク! 待て!」ソフィーは逃げ出した犬に鋭く命じた。すると歩道を歩いていた男性が突然立ち止まり、大おばの愛犬デュークは磨き上げられたブーツに激突した。「止めてくださって助かりました。この子が行方不明になったら、大おば様のお世話係を首になり、田舎に送り返されるところでしたわ」彫像のように美しくたくましい男性と言葉を交わすうち、彼の物憂げで苛立たしげな様子に気づいたソフィーは頬を赤らめ、しゃべりすぎたことを悔やみながら逃げるように立ち去った。このハンサムで陰のある紳士がデュークーー公爵の称号を持つ大貴族で、ほどなく彼と愛なき婚約をすることになるとは夢にも思わずに。


    ■人目のある道端でトラブルに巻き込まれたソフィーを助けるため、とっさに彼女との婚約を公言した公爵。嘘から始まる身分違いの婚約劇の、思いがけない結末とは……。心を閉ざした公爵と、愛を夢見る健気な乙女のドラマチックなシンデレラ・リージェンシーです。

あなたも好きかもしれません

公爵の小さな妖精 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル) by ゲイル・ウィルソン ダウンロード PDF EPUB F2