最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫)

  • 40 読みたい
  • 32 現在読んでいるもの

発行元 飯干 晃一 .

    Download 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  飯干 晃一
    • レーベル:  角川文庫
    • シリーズ名:  仁義なき戦い
    • 発売日:  2016年02月19日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4331024600300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    昭和38年4月17日深夜、山村組組員が打越会会員を急襲、一人を射殺した。この一発の銃声が、敵対する両組による“広島ヤクザ戦争”の引き金となった。しかも背後には、力による日本制覇を狙う神戸の山口組、本多会の二大勢力がひかえていたのだ。殺(や)られたら殺(や)りかえせーーヤクザ同士の血で血をあらうすさまじい抗争は、その一応の終結をむかえるまでに、組員のほか、巻きぞえにされた一般市民を含め、なんと40名を上まわる生命が奪われていった。これは、その渦中にあった美能組元組長・美能幸三の手記をもとに構成した、迫真のドキュメントである。

あなたも好きかもしれません

仁義なき戦い〈死闘篇〉 美能幸三の手記より (角川文庫) by 飯干 晃一 ダウンロード PDF EPUB F2