最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学

  • 29 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 久保田 高 .

    Download 「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学 本 Epub や Pdf 無料, 「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学, オンラインで書籍をダウンロードする 「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学 無料で, 本の無料読書 「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  井上明義
    • 発売日:  2016年12月23日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000007408
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「知らなければ絶対に損をする知識」が、世の中には確かにある。それを知らないことによって、人生の歯車がくるってしまい、なにもかもがうまくいかなくなってしまうこともある。その中の代表的なものが、「持ち家」に関する知識である。「土地は値下がりしない」という「土地神話」が生きていた1990年代始めまでは、「家を、ローンを組んで買う」行為は、経済的観点からは正しかった。しかし、「土地神話」は今では完全に終わっているのに、「家をローンを組んで買う」という行為は、いまだに「当たり前のこと」と、多くの日本人が考えている。「老後の住処として残る」「子供に遺産として遺せる」……など何かしら言い訳をつけて、家を買い続けている。本書では、不動産のプロが、「今こそ、家を買うのは止めた方がいい」という理由を、過去の事実や、現在の状況、そして未来の予測から明らかにする。これからどんな社会になるのかを不動産の視点から説く。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

「持ち家」という病 不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学 by 久保田 高 ダウンロード PDF EPUB F2