最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

人はなぜ税を払うのか―超借金政府の命運

  • 45 読みたい
  • 5 現在読んでいるもの

発行元 斎藤貴男 .

    Download 人はなぜ税を払うのか―超借金政府の命運 本 Epub や Pdf 無料, 人はなぜ税を払うのか―超借金政府の命運, オンラインで書籍をダウンロードする 人はなぜ税を払うのか―超借金政府の命運 無料で, 本の無料読書 人はなぜ税を払うのか―超借金政府の命運オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 人はなぜ税を払うのか―超借金政府の命運 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  浜矩子
    • 発売日:  2020年05月15日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4656106301001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    コロナ危機、世界恐慌…どうすれば、弱者を救えるのか!?


    人気エコノミストが、正しい税と財政のあり方を問う、

    日本人のための税の教養書


    国家は、どのような税金なら、納めることを国民に求めてよいのか。

    国民は、どのような税金を喜んで納め、どのような税金を納めることを拒絶すべきであるのか。

    我々は、どんなときに増税を忌避し、どんな時に増税を受け入れるべきなのか。

    逆に、増税政策を要求すべき場面というのがあるのか。


    時あたかも、新型コロナウイルスによる感染症拡大への対応が、

    経済活動にも重大な影響を及ぼしている。その中で減税待望論も高まっている。


    このような時、国家は税金をどう取り扱うげきなのか。

    このことについても、考えて行きたい。 (本書「まえがき」より)


    【主な内容】

    まえがき

    第1章 税金は権利か義務か博愛か

    第2章 税金が収奪から擁護にいたるまで

    第3章 消費税とはどんな税金なのか

    第4章 日本版消費税という名の不可思議

    第5章 どこへ行く、日本の租税と財政

    あとがき

あなたも好きかもしれません

人はなぜ税を払うのか 超借金政府の命運 by 斎藤貴男 ダウンロード PDF EPUB F2