最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

キリングクラブ (幻冬舎単行本)

  • 87 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 大倉崇裕 .

    Download キリングクラブ (幻冬舎単行本) 本 Epub や Pdf 無料, キリングクラブ (幻冬舎単行本), オンラインで書籍をダウンロードする キリングクラブ (幻冬舎単行本) 無料で, 本の無料読書 キリングクラブ (幻冬舎単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 キリングクラブ (幻冬舎単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石川智健
    • レーベル:  幻冬舎単行本
    • 発売日:  2019年02月06日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000404499
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    真相が二転三転する様は、まさに圧巻!

    驚異のミステリー長編!


    人口の1%は存在すると言われるサイコパス。そのサイコパスの中でもトップの1%が在籍する秘密の社交クラブがあった。そのクラブ「キリングクラブ」に集まるサイコパスは、一言で言うと社会的成功者。医者、ジャーナリスト、弁護士、起業家。きらびやかな社会的実績とは裏腹に、刺激と自己利益のためなら人を人とも思わぬ内面の持ち主だった。

    ある日、キリングクラブでウェイターのアルバイトをすることになった藍子。はじめは時給の高さに目が眩んでの腰掛けバイトだったが、そこに集まる人達が社会的に成功したサイコパスであることを知り、俄然興味を抱く。そして、事件は起きる。「キリングクラブ」の客であるジャーナリストの青柳が何者かに惨殺された。しかも、その死体は開頭され、扁桃体が抜き出されていたという。サイコパスは扁桃体に特徴があると言われており、犯人は「キリングクラブ」を狙った可能性も考えられる。「キリングクラブ」を守る番人・辻町と共に事件を調べ始めた藍子だが……。

あなたも好きかもしれません

キリングクラブ (幻冬舎単行本) by 大倉崇裕 ダウンロード PDF EPUB F2