最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

読まなくても碁に勝つ法 (囲碁人ブックス)

  • 88 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 竹清 勇 .

    Download 読まなくても碁に勝つ法 (囲碁人ブックス) 本 Epub や Pdf 無料, 読まなくても碁に勝つ法 (囲碁人ブックス), オンラインで書籍をダウンロードする 読まなくても碁に勝つ法 (囲碁人ブックス) 無料で, 本の無料読書 読まなくても碁に勝つ法 (囲碁人ブックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 読まなくても碁に勝つ法 (囲碁人ブックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  竹清 勇
    • 発売日:  2016年03月15日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000001732
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    **※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。**


    「囲碁は読まなくても勝てる!」


    囲碁において「手を読む」ことは、どれくらい勝敗に影響するのでしょうか? 実際、「読み」が影響するのは高段者同士、つまり囲碁人口のほんの一握りだといえるでしょう。 プロやトップアマは序盤や中盤で迷ったとき、「読む」のではなく、「勘」で着手を決めることがあります。しかし、ただあてずっぽうというわけではなく、それまで培ってきた経験からある一定の法則に従って着手を決めているのです。

    本書は、その法則を5つにわけて「新格言」として紹介しています。 その5つとは、「急場がなければ大場に打つ」、「厚みに近寄るべからず、模様には近づくべし」、「助けるか、迷ったときは後の狙い」、「碁盤の広いほうから打つべし」、「岡目八目で打て」です。

    これらの格言の意味を理解し、実戦で使いこなせるようになれば、まったく「読み」の練習をしなくても、誰でも二目は強くなります。

あなたも好きかもしれません

読まなくても碁に勝つ法 by 竹清 勇 ダウンロード PDF EPUB F2