最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫)

  • 32 読みたい
  • 99 現在読んでいるもの

発行元 千野隆司 .

    Download 献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  千野隆司
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  下り酒一番
    • 発売日:  2019年06月13日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000059550
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    大身旗本家同士の婚姻で、灘の下り酒を将軍家に献上することになった。献上酒に選ばれる銘酒はどれか。有力酒問屋が競う中、武蔵屋の「稲飛」も有力候補に。手代卯吉が苦労して売り伸ばしてきた「稲飛」。だが卯吉は品薄なのを心配していた。好敵手を蹴散らし、「稲飛」は献上酒に選ばれる。だが、海難事故もあり、在庫切れで百樽の献上ができない。慶事に水を差すことも、店の栄誉を手放すこともできない。いきなり窮地に立たされた卯吉に手立てはあるのか!?

あなたも好きかもしれません

献上の祝酒 下り酒一番(三) (講談社文庫) by 千野隆司 ダウンロード PDF EPUB F2