最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

AWSではじめるLinux入門ガイド

  • 89 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 菊池 修治 .

    Download AWSではじめるLinux入門ガイド 本 Epub や Pdf 無料, AWSではじめるLinux入門ガイド, オンラインで書籍をダウンロードする AWSではじめるLinux入門ガイド 無料で, 本の無料読書 AWSではじめるLinux入門ガイドオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 AWSではじめるLinux入門ガイド 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山下 光洋
    • 発売日:  2020年04月30日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000003044
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

    ※本書内容はカラー(2色)で制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。


    ゼロをイチにする、AWSではじめるLinuxサーバー構築の入門書


    本書はAWSクラウド上で、Linuxによるサーバー構築をゼロから学べる書籍です。

    ゼロ(やったことがないこと)をイチ(やったことがある)にすることを目的に、制作しました。


    これからクラウドやLinuxを学ぶ、次の方々を対象としています。

    ・ITエンジニア職を目指す学生

    ・ITエンジニア職への転職を予定している社会人

    ・内製化にシフトしようとしている情報システム部門

    ・情報システム部に異動になった非IT部門


    近年、システムを構築する手段としてクラウドは欠かせない技術となっております。

    Linuxサーバーも例に漏れず、マイクロサービス、サーバーレスアーキテクチャといった、サーバーを開発者や運用者が管理しないクラウド最適化された構成が増えてきています。しかし、これらはあくまでも最適な設計をするための一手段でしかありませんし、依然としてサーバーも有効な設計手段です。


    また、クラウドへの移行時には、いきなりすべての設計や運用を最適化するケースよりも、まずはそのままの設計、運用で移行するケースも多くあります。


    本書を通じて学ぶことで、そのような移行案件や新規案件、クラウド上でのサーバー運用、構築をこれから担当される方々に、実際に手を動かしながら、クラウド上でLinuxサーバーを構築することの、スピード、俊敏性、機動性に触れていただき、IT 技術の素晴らしさを知ることができます。


    ●目次

    第1章 環境の概要

    第2章 セキュアな環境を構築する

    第3章 AWSでのLinuxサーバーを起動しよう

    第4章 管理者を設定しよう

    第5章 インストールを実行してみよう

    第6章 ターミナルでコマンド操作してみよう

    第7章 ファイルを操作してみよう

    第8章 エディタを操作してみよう

    第9章 パーミッションで権限を設定しよう

    第10章 スクリプトを実行してみよう

    第11章 Linuxサーバーをモニタリングしてみよう

    第12章 Linuxのセキュリティを設定しよう

    第13章 ネットワークについて学ぼう

    第14章 バージョン管理もAWSで

    第15章 コンテナ環境を作ってみよう

    第16章 データーベースを操作してみよう

    第17章 WordPressサーバーを構築してみよう

    第18章 Redmineサーバーを構築してみよう

    第19章 EC2インスタンス もっと知りたいこと

    第20章 学習の終わりにAWSリソースを削除しよう

あなたも好きかもしれません

AWSではじめるLinux入門ガイド by 菊池 修治 ダウンロード PDF EPUB F2