最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書)

  • 87 読みたい
  • 24 現在読んでいるもの

発行元 宮脇淳子 .

    Download だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡田英弘
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年09月09日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000004379
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    天下を統治できるのは天命を受けた唯一人の天子のみ。中国文明の“歴史の父”司馬遷が創造した「正統」の観念は、中国人がこだわる歴史認識を決定づけた。変化があっても認めない、記録しない。正史は永久不変の理想の姿を描くもの。ところが現実には三国時代、南北朝時代と王朝が並立、しまいには北方の遊牧帝国に侵入される始末。その屈辱を晴らすため、新興民族を夷狄と蔑む負け惜しみ、それこそが「中華思想」だ。では中国はつねに純然たる「漢人」のものだったのか? 歪められた歴史の滑稽、ここに見たり!

あなたも好きかもしれません

だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) by 宮脇淳子 ダウンロード PDF EPUB F2