最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―(新潮新書)

  • 99 読みたい
  • 43 現在読んでいるもの

発行元 古川哲史 .

    Download 本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―(新潮新書) 本 Epub や Pdf 無料, 本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―(新潮新書), オンラインで書籍をダウンロードする 本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―(新潮新書) 無料で, 本の無料読書 本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―(新潮新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 本当は危ない国産食品―「食」が「病」を引き起こす―(新潮新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  奥野修司
    • レーベル:  新潮新書
    • 発売日:  2020年12月17日
    • 出版社:  新潮社
    • 商品番号:  4340008047961
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「国産食品だから安心、安全」というのは?(ウソ)である。実は日本では一部の農薬の規制が世界的に見ても緩(ゆる)い。それらが残留した日本茶、野菜、果物、コメ、パン、パスタなどを私たちは日常、口にしているのだ。研究者たちが指摘するのは、肥満、アレルギーのみならず、脳の萎縮(いしゅく)、自律神経の失調、神経伝達の異常、発達障害など、数々の重大なリスクである。最新の科学データと緻密(ちみつ)な取材をもとに、大宅賞作家が警鐘を鳴らす問題作。

あなたも好きかもしれません

本当は危ない国産食品ー「食」が「病」を引き起こすー(新潮新書) (新潮新書) by 古川哲史 ダウンロード PDF EPUB F2